オラタンのオンライン大会が大成功!!

2009年4月に配信され話題沸騰中のXbox360 Live Arcade(以下XBLA)ソフト、電脳戦機バーチャロンオラトリオタングラムver5.66(以下オラタン)。
配信される前から注目の的だったこのソフトは、このゲーム固有のユーザー(略してチャロナー)に話題を振りまいてきた。
○4月29日配信開始であるのに、4月の月刊ダウンロード数一位!
○XBLAソフトであるのに、早急なアップデート!操作性・グラフィック向上と観戦機能の追加!
○なんとバーチャロン専用デバイスであるツインスティックをHORIがプレオーダー開始!そして発売決定!さらにアーケードスティックへ近づける仕様変更!

このように全国に散らばるチャロナーに衝撃と感動を与える「奇跡の2009年夏」となるに至っている。
そんなセガに応えつつ、もっと盛り上がりたいというチャロナー達がアップデート後、初となるオンライン大会開催を企画したのである。
詳しくは下のURLへ。

http://voot360.blog46.fc2.com/

大会を終えてみて、参加者120名の大会を混乱なく進行できた運営サイドのキャパシティーにも驚いたが、何より150分という短時間で予選・決勝をこなしてしまった進行システムと手際の良さにも驚かされた。
ゲームセンター等で行われるこれまでの大会だと、64名程度の規模で約4時間(抽選とトーナメント表作成)はかかっていたと思う。つまり、今回の大会規模で言うなら8時間はかかる算段になる。
しかし、トーナメント表を前倒しで作成して置くだけでなく、XBLAならではの「筐体数が参加者分ある」という強みを、8つの予選ブロックを同時に行うことで最大限に活かし、時間短縮を計ったのである。
しかも、アップデートのおかげで可能になった観戦機能を、Ustreamでリアルタイム配信してみせるなど商業レベル顔負けで、もちろんブログ・IRC・掲示板との連携も素晴らしく、情報技術の各ツールを使いこなしている運営サイドに天晴れ!であった。
また、XBLAオリジナルのリプレイ機能も活かしており、敗者によるリプレイのアップロードというルールでXbox360からも大会を楽しむことができている。

そして、次回の大会も決まっていることがまたすばらしい。上記のブログでチェックしていただきたい。彼等の目標は1000人参加&公式オンライン大会の開催、であるという。つまり、ブログのチェックだけでなく、大会エントリーも勢い余ってしてしまおう!

最後に、オンライン特有の問題点は様々出て来たのも事実である。ラグ、海外勢、英会話。しかし、どれも乗り越えて行けるものと思っていい!なぜなら、オラタンが遊べる今の状況が全ては可能だということを表しているから!

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック